杖道(じょうどう)とは
「杖」(じょう、またはつえ)と呼ぶ木製の棒を用いた現代武道の一つ
として杖および太刀(木刀)を用いる形武道(かたぶどう、型武道)である。

概要

「杖(じょう)」と呼ぶ樫の木の棒を用いた現代武道の一つとして一般に普及している形武道(かたぶどう)です。福岡黒田藩に伝えられた神道夢想流杖術が元となり、制定された武道です。長さは4尺2寸1分(約128cm)で直径3cmの丸木をもって、相手を制することを目的とした技が多く、古歌には以下のように詠まれています。

「傷つけず 人をこらして戒しむる 教えは杖のほかにやはある」

杖は、四尺二寸一分、直径八分の樫の円形である。一見、杖そのものには、他の武術がもつ様に、それ自体の力強さは何一つとてない、則ち、先もなけれな後もない。見るからに「平凡」であり、「平和」は武器である。武術として、最も、非攻撃的であるかの様にみられるこの杖が、ひと度難局に面した時、その繰り出す技は、千変万化。時には先となり、時には後となる術を蔵しており、此処に杖道の本質的な得意性があるものである。

「突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり」

伝書の中の一節であるが、「杖」は左右の技を連続的の使い、相手をして応戦にいとまなしからむ状態に陥し入れる事が特色である。この杖術を錬磨すれば、四尺二寸一分、直径八分の杖が、まるで自己の手足の如く操作出来、相手の動作に応じて体を転じ、凶器を打ち落として攻め込むなど、時に応じ、場所に応じて、剣となり、槍となり、あるいは薙にもなる妙味を十二分に発揮するものである。





基本技

本手打(ほんてうち)
逆手打(ぎゃくてうち)
引落打(ひきおとしうち)
返 突(かえしづき)
逆手突(ぎゃくてづき)
巻 落(まきおとし)
繰 付(くりつけ)
体 当(たいあたり)
繰 放(くりはなし)
胴払打(どうばらいうち)
突外打(つきはずしうち)
体外打(たいはずしうち)


基本形

一本目「着杖」(つきづえ)
二本目「水月」(すいげつ)
三本目「引提」(ひっさげ)
四本目「斜面」(しゃめん)
五本目「左貫」(さかん)
六本目「物見」(ものみ)
七本目「霞」 (かすみ)
八本目「太刀落」(たちおとし)
九本目「雷打」(らいうち)
十本目「正眼」(せいがん)
十一本目「乱留」(みだれどめ)
十二本目「乱合」(らんあい)